令和2年度 人事院勧告速報!

10月7日人事院は、今年の国家公務員の給与について勧告を行った。

1.月例給の改定なし(今年度は勧告なし)

  {行政職(一)現行給与408,868円 平均年齢43.2歳

2.ボーナスの改定 4.50月分→4.45月分(△0.005月分)

 公務員人事管理に関する報告の骨子(抜粋)

新型コロナウィルス感染症の係る取組

 ・時差出勤のため勤務時間割振りの特例を措置、職場の感染拡大防止対策の周知出勤困難な場合の特別休暇の適用

 ・感染症対策の緊急措置に係る作業に従事した場合に特例的に防疫作業手当を支給

勤務環境の整備

 ・長時間労働の是正

 ・ハラスメント防止対策

 ・仕事と家庭の両立支援

 ・心の健康づくりの支援

 ・非常勤職員の適正な処遇の確保

定年の引上げ及び能力・実績の基づく人事管理の推進

 ・人事評価の結果を任用、給与等に適切に反映するため、昇任及び昇格の基準、昇給の基準、俸給表の有り方について検討

*詳細は別送の資料をご参照ください。

全国病院経営管理学会

全国病院経営管理学会では、会員病院より推薦された委員で構成する7委員会があり毎月定期に開催しています。 ①経営企画委員会 ②賃金・勤務条件委員会 ③看護業務委員会 ④診療放射線業務委員会 ⑤臨床検査業務委員会 ⑥医事業務委員会 ⑦リハ専門委員会 当学会の運営する研修会・セミナー等には、会員施設の各担当者の参加ができます。

0コメント

  • 1000 / 1000